濃度の高い状態で飲むため|人気のにんにく卵黄を食べよう|体を労わる栄養素
女性

人気のにんにく卵黄を食べよう|体を労わる栄養素

濃度の高い状態で飲むため

サーバー

作ったその場で飲めます

水素水は、高いアンチエイジング効果があることから注目されています。そのためスーパーなどでも盛んに販売されているのですが、市販されている水素水の場合、肝心の水素が多少抜けている可能性があります。なぜなら水素は非常に分子サイズが小さいため、水素水を製造した直後から、どんどん空気中に逃げてしまうからです。つまり製造してから時間が多く経過しているほど、摂取できる水素の量が少ないということです。そのため昨今では、水素の効率の良い摂取のために、高濃度水素水サーバーが利用されるようになってきています。高濃度水素水サーバーとは、電気分解によって水素水を作り出すことのできる機器です。使用することで、水素水を作ったその場で飲むことができるようになるのです。

保管時間と生成時間

水素水の濃度は、1.6ppmが最高値とされています。それ以上の量の水素を水に溶け込ませることは可能ですが、先述したように水素が水から出ていくと、濃度は徐々に下がっていくことになるのです。ところが高濃度水素水サーバーは、水素を逃さないような構造となっています。そのため1.6ppmの濃度を、ある程度維持することが可能なのです。機種によってその時間は異なっていますが、中には12時間ほど保管できる高濃度水素水サーバーもあります。この場合、多くの水素水を作っておき、必要に応じて少しずつ使うことが可能です。さらには、水素水の生成時間が5分程度と短く、必要になったタイミングで作って飲むことができるという高濃度水素水サーバーもあるのです。